INFORMATION

ここでは各地のお知らせを掲示しています。
◆バスラマがBSプレミアムで紹介されました!
 バスラマが,NHK BSプレミアムで紹介されることになりました。
 イレギュラーの深夜プログラム「レギュラー番組への道」というサブカル系番組の1項目《希少誌道》という、ニッチな分野の定期刊行物を取り上げる企画です。ご担当者によれば、《希少誌道》はマニア系刊行物と業界系刊行物を交互に取り上げるそうですが、バスラマは後者としてクローズアップしたといいます。放送予定は11月26日(金) 23時15分から約30分間です。
 以下はNHKの番組最新情報のアドレスです。この予告だけ見ると、編集部としては違和感がなきにしもあらずですが、放送ではどのように紹介されるのでしょう?興味津々です。お楽しみに!

放送日時:11月26日(金)23:15〜23:44
チャンネル:NHK BSプレミアム
番組URL
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=31720
◆山梨交通が“The Bus of Yamanashi”オブジェ発売&読者プレゼントに
  山梨交通では、バスへの親しみを感じてもらい、また山梨にある様々な自然の美しさ、豊富な食材、磨き上げられた工芸や文化、それぞれの魅力・楽しさが多種多様にあることを表現したイメージワード”The Bus of YAMANASHI”を制定した。同社ではイメージワードの制定を記念し、10月20日から運行を開始した電気バスを背面に配置したアクリルオブジェを発売した。このオプジェは好評につき完売したが、山梨交通からバスラマ読者向けにプレゼントされる。詳細は12月25日発行予定のバスラマNo.189で掲載する。


山梨交通 URL http://yamanashikotsu.co.jp/

◆トヨタ博物館 企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡」
 トヨタ博物館では10月30日から2022年4月17日(日)まで、企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡」を開催している。
  世界中の公道を舞台に市販車ベースの競技車両で戦われるWRC(FIA世界ラリー選手権)は、世界の自動車メーカーが威信をかけて開発したマシンで過酷な戦いを繰り広げている。WRCには50年近く前から多くの日本メーカーが参戦してきた。
 企画展では、日産、マツダ、三菱、SUBARU、スズキ、ダイハツ、そしてトヨタの代表的なWRC参戦車両を一堂に展示する。

企画展概要
開催場所:トヨタ博物館文化館2F 企画展示室
展示車両:ダットサン240Z(1973)/三菱コルトランサー (1974)/マツダRX-7(1979)
      ダイハツシャレード(1982)/日産バイオレット (1982)/トヨタセリカ ツインカムターボ (1985)
      トヨタセリカ GT-Four (1990)/スバルレガシィ(1993)/スバルインプレッサ(1996)
      トヨタカローラ WR-Car (1997)/三菱ランサーエボリューション(2001)/スズキSX4(2008)

トヨタ博物館
開館時間:9時30分〜17時00分(最終入場16時30分)
所在地:愛知県長久手市横道41-100
入館料:一般1,200円、シルバー(65歳以上)700円、中高生600円、小学生400円

詳細は 
トヨタ博物館ウェブサイト https://toyota-automobile-museum.jp/ を参照されたし。

◆日野オートプラザ【10月1日再オープン】
 日野自動車の文化施設「日野オートプラザ」は、首都圏の新型コロナ感染症拡大およびそれに伴う緊急事態宣言発出により一時休館していたが、10月1日から一般公開を再開した。なお当面は平日のみ開館かつ事前予約制とする。

入館予約方法
 入館予約は3カ月前から前日まで、メール(kenshu.21c*21cc.hino.co.jp【左のアドレスの*マークを@に変更して入力】)または電話042-637-6600で行う。人数は1グループ8人まで(団体不可)、観覧時間は60分内となる。予約時には、1:希望日 2:時間帯 3:人数 を明記する。

詳細は 日野オートプラザウェブサイト http://www.hinohutech.co.jp/autoplaza.html を参照されたし。

◆いすゞプラザ アッソ・ディ・フィオーリを展示【再オープン】
 いすゞ自動車の文化施設「いすゞプラザ」は、首都圏の新型コロナ感染症拡大およびそれに伴う緊急事態宣言発出により一時休館していたが、一般公開を再開した。なお当面は土・祝日を含む全日(日・月は休館)を完全予約制かつ人数入れ替え制として開館する。展示のうちミニチュアワールドは観覧者数を制限するほか、展示車両車内への立ち入り制限やガイドツアー中止などの措置を取っている。
 またいすゞプラザでは、再開にあたり1979年ジュネーブモーターショーで発表された、いすゞピアッツァのプロトタイプ「アッソ・ディ・フィオーリ」を展示している。この車両は2年後の1981年に量産モデルのピアッツァとして発売され、今年で生誕40年を迎えた。

入館予約方法
 入館希望者は、いすゞプラザウェブサイトから日時指定で予約する。人数は1グループ9人まで(10人以上の団体不可)、観覧時間は120分内となる。

詳細は 
いすゞプラザウェブサイト https://www.isuzu.co.jp/plaza/ を参照されたし。

◆名阪近鉄バス×住江織物 バスシートモケットクッション&座布団を発売
 名阪近鉄バスではバスのシート生地(モケット)を活用したグッズを発しており、このほど背あてクッション(43×43cm)とイス用座布団(40×40cm)の2つが発売された。8月に限定発売したトートバッグに続く第二弾となり、今回も数量限定で発売する。価格は背あてクッションが税込5,500円、イス用座布団が税込4,400円で、合計4点以上購入するとまとめ買い特典として、合計金額から1,000円引きで販売する。
 名阪近鉄バスではおよそ10年をめどに車両をリニューアルしており、シート表皮も張り替えている。今回のクッションや座布団は、大垣営業所所属の2010年式日野セレガ(岐阜200か1984、PKG-RU1ESAA)のリニューアルに際し、張り替え用生地の余剰部分の有効活用を図ったものである。

申込方法
発売価格: 背あてクッション 5,500円 イス用座布団 4,400円 (いずれも税込)
支払方法: ヤマト運輸代引きまたは店頭精算
送料:    関東〜関西地区1,100円(クロネコボックス100サイズ) その他の地区は別途送料がかかる。
        代引き手数料 商品代金合計9,999円まで:330円、 10,000円以上:440円
申込方法: 名阪近鉄旅行カッコーパルックのサイト内「バスファン倶楽部」の専用ページから申し込む。
URL:    https://www.kakopal.com/pc/blog/bus_travel/2170.html
        詳細は上記ページを参照されたし。


名阪近鉄旅行 URL https://www.kakopal.com/