INFORMATION


ここでは各地のお知らせを掲示しています。

●名阪近鉄バスの3車庫めぐりツアー開催
 名阪近鉄旅行では、創業90周年プレイベント・バスファンのための感謝Dayとして、トイレ付ゆったりシートの「ワイドバス」で行く“名阪近鉄バスの3車庫巡り”ツアーを開催する。ツアーでは名阪近鉄バスの3営業所を訪問し、各種の車両や整備風景などの裏側を見学する。見学車両(例)は、ツアー用ワイドバス、デラックスバス、リフトバス、高速バス、イオン熱田シャトルバス、ハイブリッドバス、乗合復刻塗装バス、教習車、その他貸切バスおよび乗合バスなど多彩(上掲の車両は当日の運行状況により見学できない場合もある)。このほかツアーでは洗車機体験や抽選会などが行われ、また同社きってのバス好き添乗員が同行する。

ツアー概要
開催日時:4月26日(日)8:40集合〜17時頃帰投予定
集合場所:名古屋駅
訪問場所:名阪近鉄バス 名古屋営業所・若森営業所・大垣営業所
旅行代金:おとな6,980円 こども6,480円 (税込、昼食付)
企画:名阪近鉄旅行 (協賛:名阪近鉄バス))
申込み:名阪近鉄旅行 ツアー予約センター TEL 052-563-7500 (営業時間9時15分〜17時45分)
                または
     カッコーパルック オンライン予約 https://www.kakopal.com/
     ※本ツアーのコース番号は「60182-10」

【臨時休館のお知らせ】
いすゞプラザは、新型コロナウイルスの感染拡大防止および政府からの注意喚起を踏まえ、4月末日まで休館しています。
【休館中】●いすゞプラザ、「いすゞエルフ誕生60周年記念企画展」ほか実施
 いすゞ自動車の文化施設であるいすゞプラザでは、1959年の初代エルフのデビューから今年で60周年を迎えたことを記念し、「いすゞのエルフ 誕生60周年記念企画展」を開催する。企画展では「エルフ」それぞれの時代を代表する歴代車を一堂に展示する。

開催期間:2019年5月9日〜2020年4月末日まで
開催場所:2F「いすゞの歴史」展示エリア 及び1F「バックヤード」

詳細はいすゞプラザウェブサイトを参照のこと。


いすゞプラザ
開館日:火〜金曜日(完全予約制) 土曜日・祝日(自由見学)
開館時間:10:00〜17:00(入館受付16:00まで)、日・月曜および年末年始等長期休暇時期は休館
入館無料

所在地:神奈川県藤沢市土棚8 0466-41-5811
URL:http://www.isuzu.co.jp/plaza/index.html

【臨時休館のお知らせ】
トヨタ博物館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月13日まで休館しています。
4月12日まで開催予定の特別展「100年前のイノベーション〜T型フォードが変えたこと」は終了します。
年間パスポートは、臨時休館期間分を延長します。
トヨタ産業技術記念館も4月13日まで、トヨタ会館は5月11日まで休館します。
【休館中】●トヨタ博物館、本館常設展示のリニューアル完成

 トヨタ博物館は2019年の開館30周年に向けて常設展示のリニューアルを段階的に実施している。その一環として、2017年1月4日から常設展示初披露の19台を新たに加えるなどして、本館3階をリニューアルオープンする。
 2016年1月の第一弾では、19世紀末の自動車黎明期から1950年代に至る展示内容を本館2階に集約し、8つのゾーンで紹介した。今回のリニューアルでは、日本車のみであった本館3階に欧米車を含む常設展示初披露の19台も加えて展示する。戦後から現代に至る創造への情熱、独創的な技術やデザインの推移など、日米欧の自動車が互いに影響を受け、成長し、試練を乗り越えて発展してきた歴史を当時の時代背景とともに、5つのゾーンで紹介する。
 これにより本館常設展示は、19世紀末の自動車誕生から現代までの発展を一望できることになる。

展示リニューアル概要
    ゾーン9:米欧日それぞれの再出発
          大型化するアメリカ車、コンパクトな欧州車、模索する日本車
          展示車両:キャデラック・エルドラド・ビアリッツ、モーリス・ミニマイナー、スバル360他、計20台
    ゾーン10:経済成長と加速するモータリゼーション
          日本での乗用車の普及/憧れのクルマより良いクルマを求めて
          展示車両:ダットサンサニー、カローラKE10、フォードマスタング他、計26台
    ゾーン11:試練の時代。社会的課題への対応
          環境・安全技術の導入を加速
          展示車両:ホンダシビックCVCC、ルノー5、VWゴルフ他、計6台
    ゾーン12:新たな車種の誕生
          さまざまなニーズに対応した新たなカテゴリーの誕生
          展示車両:アウディクワトロ、トヨタエスティマ、MCCスマートクーペ他、計10台
    ゾーン13:持続可能な未来へ
          動力源の多様化ふたたび
          展示車両:トヨタプリウス、ホンダインサイト、三菱i-MiEV他、計5台

詳細はトヨタ博物館ウェブサイトを参照のこと。


トヨタ博物館
開館時間:9:30〜17:00(入館受付16:30まで)、月曜休館
入館料:大人1,000円、中高生600円、小学生400円、65歳以上500円

所在地:愛知県長久手市横道41-100 0561-63-5151
URL:http://www.toyota.co.jp/Museum/index-j.html