INFORMATION


ここでは各地のお知らせを掲示しています。
●2019年 各地の「バスの日イベント」開催スケジュール
 9月20日「バスの日」を記念し、全国各地で“バスの日まつり”など各種のバスイベントが開催されます。
日時  イベント 開催場所
 9月 14日(土)    10〜15時 みやぎバスまつり  仙台市民広場 
10〜15時 秋田バスまつり  秋田駅前アゴラ広場 
10〜15時 バスの日まつり in びわこ  ピエリ守山E駐車場 
11〜17時 バス・鉄道フェスタ in くるめ2019  久留米シティプラザ 
15日(日) 11〜15時 北海道十勝地区のバスの日イベント  帯広市西2条南ホコテン会場
10〜15時 バスの日記念イベント (西鉄バス二日市) ミリカローデン那珂川
16日(月・祝) 10〜16時 四国公共交通利用促進キャンペーン 香川会場 イオンモール綾川
21日(土)  10〜16時 さいたまカーフリーデー2019  さいたま市大宮区鐘塚公園 
10〜15時 四国公共交通利用促進キャンペーン 高知会場 高知市中央公園 
22日(日)   10〜16時  盛岡市制施行130周年記念 バスの日まつり SIDE-B、肴町アーケード
10〜15時 バスまつり in 松江市  くにびきメッセ 
9:30〜15:30 ひろしまバスまつり  広島市中小企業企業会館総合展示館 
23日(月・祝) 10〜16時  カーフリーデーふくい2019  ハピテラス&総合交通ターミナル 
28日(土) 10〜15時  都営バス バスまつり2019 in 豊洲   豊洲市場六番街区千客万来施設用地 
29日(日) 10〜15時  のりものフェスタ in たかやま  高山駅西口交流広場 
10月     5日(土) 10〜15時  バスの日イベント in 鳥栖  JR鳥栖駅前広場 
12日(土)  10〜15時 四国公共交通利用促進キャンペーン 徳島会場 徳島中央公園 
14日(月・祝) 10〜16時 鉄道の日フェア (岡山電気軌道・JR西日本)  岡山駅前広場、岡電東山車庫 
19日(土)  10〜15時  京成バスお客様感謝フェスティバル  幕張メッセ8番ホール 
10〜15時 バス利用感謝デー (神奈川)  ららぽーと海老名前 
11月 17日(日)  10〜16時  岐阜市公共交通フェスタ  金公園前 
ぽると出版はマークのイベントに参加します。ご来場の際は、ぜひお立ち寄りください!    


いすゞプラザ、「いすゞエルフ誕生60周年記念企画展」ほか実施
 いすゞ自動車の文化施設であるいすゞプラザでは、1959年の初代エルフのデビューから今年で60周年を迎えたことを記念し、「いすゞのエルフ 誕生60周年記念企画展」を開催する。企画展では「エルフ」それぞれの時代を代表する歴代車を一堂に展示する。

開催期間:2019年5月9日〜2020年4月末日まで
開催場所:2F「いすゞの歴史」展示エリア 及び1F「バックヤード」

詳細はいすゞプラザウェブサイトを参照のこと。


いすゞプラザ
開館日:火〜金曜日(完全予約制) 土曜日・祝日(自由見学)
開館時間:10:00〜17:00(入館受付16:00まで)、日・月曜および年末年始等長期休暇時期は休館
入館無料

所在地:神奈川県藤沢市土棚8 0466-41-5811
URL:http://www.isuzu.co.jp/plaza/index.html

●トヨタ博物館、本館常設展示のリニューアル完成
 トヨタ博物館は2019年の開館30周年に向けて常設展示のリニューアルを段階的に実施している。その一環として、2017年1月4日から常設展示初披露の19台を新たに加えるなどして、本館3階をリニューアルオープンする。
 2016年1月の第一弾では、19世紀末の自動車黎明期から1950年代に至る展示内容を本館2階に集約し、8つのゾーンで紹介した。今回のリニューアルでは、日本車のみであった本館3階に欧米車を含む常設展示初披露の19台も加えて展示する。戦後から現代に至る創造への情熱、独創的な技術やデザインの推移など、日米欧の自動車が互いに影響を受け、成長し、試練を乗り越えて発展してきた歴史を当時の時代背景とともに、5つのゾーンで紹介する。
 これにより本館常設展示は、19世紀末の自動車誕生から現代までの発展を一望できることになる。

展示リニューアル概要
    ゾーン9:米欧日それぞれの再出発
          大型化するアメリカ車、コンパクトな欧州車、模索する日本車
          展示車両:キャデラック・エルドラド・ビアリッツ、モーリス・ミニマイナー、スバル360他、計20台
    ゾーン10:経済成長と加速するモータリゼーション
          日本での乗用車の普及/憧れのクルマより良いクルマを求めて
          展示車両:ダットサンサニー、カローラKE10、フォードマスタング他、計26台
    ゾーン11:試練の時代。社会的課題への対応
          環境・安全技術の導入を加速
          展示車両:ホンダシビックCVCC、ルノー5、VWゴルフ他、計6台
    ゾーン12:新たな車種の誕生
          さまざまなニーズに対応した新たなカテゴリーの誕生
          展示車両:アウディクワトロ、トヨタエスティマ、MCCスマートクーペ他、計10台
    ゾーン13:持続可能な未来へ
          動力源の多様化ふたたび
          展示車両:トヨタプリウス、ホンダインサイト、三菱i-MiEV他、計5台

詳細はトヨタ博物館ウェブサイトを参照のこと。


トヨタ博物館
開館時間:9:30〜17:00(入館受付16:30まで)、月曜休館
入館料:大人1,000円、中高生600円、小学生400円、65歳以上500円

所在地:愛知県長久手市横道41-100 0561-63-5151
URL:http://www.toyota.co.jp/Museum/index-j.html