「改めてバスの安全を問う」投稿フォーマット

バスラマをご愛読いただき、大変ありがとうございます。
下記投稿フォーマットから、文章の投稿ができます。どうぞご利用ください。
なお文章が長い場合などは、メールでのご投稿をお願いします。

 バスにとって安全とは何なのでしょうか。運行の安全、お客さまの安全、運転士の安全、車両の安全、考えられることは非常にたくさんあります。バスラマでは「バス利用をさらに安全に」「改めてバスの安全を問う」などの題で、交通事故、車内事故の現状や対策・対応などを、ドライバーや利用者の声、事業者への取材を通じてご紹介しました。
 しかしバスによる重大事故はなくなりません。車内事故はもちろんのこと、バスジャック事件の発生やそれに起因する転覆事故、走行中の車両火災、さらに過去にない悲惨な衝突・転落事故など、安全を改めて考えさせられる出来事が目立ちます。貸切バス事業では、2011年度からは日本バス協会による「貸切バス事業者安全性評価認定制度」が始まり、貸切バス事業者の安全性に対する取組状況などが改めて評価・認定されています。しかしこの制度はあくまで取組状況の評価・認定であり、認定事業者とは言え事故が発生しないことを保証するものではありません。また制度をつくり、運賃などを明確化しても、すぐに制度と現実が乖離している様子さえうかがえます。
 本誌では「改めてバス安全を問う」と題して、日頃感じていること、体験したこと、こうしたら良いのではと考えていること、幅広くご意見を募集いたします。日々の実務で様々な状況に直面するドライバーさんのコメントを特に募集いたします。もちろん、それ以外の立場の方々の多角的なご意見も非常に重要ですので、どのような立場からでもコメント・ご意見をお寄せ下さい。
改めてバスの安全を問う
文章が長い場合は、メール toukou@portepub.co.jp 宛にメールでのご投稿をお願いします。
またメールの投稿の場合は、Microsoft Word(ワード)やエクセルによる文章・データ添付も可能です。



お名前 (必須項目)
漢字   :
ふりがな :

匿名希望
誌面掲載時、匿名ご希望の方は上記チェック欄にチェックを入れてください。

ご住所 (市区町村のみ必須項目です)
郵便番号:例:155-0031 *必ず半角でご入力ください。
市区町村:
       例:東京府荏原郡世田谷村

住所番地:
       例:大字北沢▲▲●●


特集を制作するにあたり、より詳しいお話等を伺う場合があります。
差し支えなければご記入下さい。

電話番号: *必ず半角でご入力ください。

ご職業 (必須項目)
 例:公営/民営/貸切バスドライバー、バス会社整備職/事務職/管理職、会社員、公務員、学生など)

年齢  10代以下 20代 30代 40代 50代 60代以上 

E-mail アドレス (必須項目)
アドレス:
*必ず半角でご入力ください。
*携帯アドレスは、ご確認メールが届かないケースが
 多発しておりますので、極力避けてください。
*携帯アドレスによるPCメールの受信拒否、ならびに
 アドレス間違いによるメール不行き届きにより、お客様に
 不都合が生じましても、弊社は責を負いかねますので、
 予めご了承下さい。

上記の内容で間違いがなければ、送信ボタンを1回クリックしてください。
間違えていた場合は、クリアボタンをクリックすると、内容がクリアされます。
頂戴しましたご意見は、企画の参考にさせていただきます。

ご協力ありがとうございました。