ワーキングビークルズ
77号

(2021年8月5日発行)


定価1210円 (本体1100円+税)
A4判 56ページ

ISBN 978-4-89980-677-6

【主な内容の紹介】
《特集》
◆はたらくEV2021
 日本はもとより世界的にも商用車の電動化がトレンドとなっており、日々新たな話題が届く。2021年、日本における最新の“はたらくEV”の話題を特集でお届けする。

日野自動車がデュトロZ EV発表
 日野自動車は2011年のモーターショーに前輪駆動小型トラック(バン)を参考出品し、街中で人々との距離が近い“ラストワンマイル配送”を担うEVの研究を重ねてきた。開発が本格化したこの数年でeコマースの急伸や世界的な温室効果ガス削減、カーボンニュートラル政策が後押しとなり、EVに大きな期待が寄せられている。2022年春の登場が予告された小型EVトラック“日野デュトロ Z EV”について、開発統括者に聞いた。

EVベンチャーから“ELEMO”登場
 EVベンチャー企業のHWエレクトロから、7月に小型EV商用車“ELEMO”が発表された。この車両は全長を除き日本の軽規格に収まるコンパクトなEVで、ラストワンマイル配送に十分な航続距離を持つ。将来的には軽規格に収まる車両の開発も進められているという。ELEMOをご紹介するとともに、試乗のフィーリングをお伝えする。

THE TAXI 都タクシーのBYD M3
 およそ10年前、実用的な乗用EVの登場により全国的にタクシーへのEV導入がブームとなったが、航続距離や充電の煩雑さなどから、ほとんどの事業者で姿を消した。京都の都タクシーはEVを継続して採用しており、このほど新たに中国BYDのミニバン型EVのM3が加わった。古都に登場した最新鋭のEVタクシーを取材した。

◆はたらくくるま最前線17 “特殊な荷物”を運ぶ 金子運輸
 トラックが運ぶ荷物は大きさも荷姿も千差万別。横浜市の金子運輸は創業以来半世紀にわたり、通常のトラックでは輸送が難しいもの-機械装置など超重量物や大型建材などの長尺物、あるいは特別なケアを必要とする精密機器など特殊貨物の輸送に特化してきた事業者である。ある一日、横浜港での大型建機輸送に密着取材した。また同社ではこれまで担ってきた仕事を記録しており、貴重な写真の中からその様子をご紹介する。」

◆安全性が向上 路上で実感、三菱ふそう新型キャンター
 三菱ふそうの小型トラック・キャンターが2020年10月にモデルチェンジし、新たなフロントマスクを得た。新型キャンターは、左折時に左方の障害物を検出し、ドライバーに注意を促すアクティブ・サイドガード・アシストを採用しており、安全性がより向上している。横浜市内の住宅街で、新型キャンターの安全装備を体感した。

◆過酷な現場で活躍するアーティキュレートダンプトラック
 車両の前後方向の中央付近で屈曲するアーティキュレートダンプは、大規模な土木工事や採石場、河川の工事などで稼働する例が多い。公道を走行できないためなかなか見る機会がないアーティキュレートダンプだが、実は都市部の大規模造成工事などで活躍しているという。アーティキュレートダンプとは果たしてどのような車両なのか、およそ40年前に国内に初めて導入したキャタピラーに取材した。

◆UDトラックス、運転支援機構“UDアクティブステアリング”を設定
 UDトラックスの大型トラック・クオンに、新たなステアリング周りの運転支援機構“UDアクティブステアリング”がオプション設定された。これは従来の油圧式パワーステアリングに電動モーターを追加し、操舵力の軽減や外部要因による動きの乱れへの補正を行うものである。

◆日産がトラックの自社生産を終了/日産のトラック略史
 日産自動車はこのほど1.5トン積クラスのキャブオーバートラック・アトラス(ガソリン車)の自社生産を終了した。今後はアトラスは全車ディーゼルのOEM供給車(いすゞエルフ)となる。長年にわたり市場の一角を形成してきた日産製トラックおよびアトラスの歴史をご紹介するとともに、アトラス生産の最終期を迎えたオートワークス京都の生産ラインをご紹介する。

《新連載》
●街で見かけた消防車1 東京消防庁のいすゞTXD消防車
 本誌ではこれまで三森進氏による長期連載「僕らの消防車見聞録」などで、様々な過去の消防車を紹介してきた。今号からは、編集部のスタッフが街で見かけた車両を中心に、各地の新旧の消防車を取り上げる。第一回は、東京消防庁が保有していたボンネット型大型消防ポンプ車いすゞTXD10改である。

《粒選りの話題から》
【イベントレポート】
 第3回 建設・測量生産性向上展
・三菱ふそうデザイン・エッセンシャルズ
・トラック・建機のリビルドターボに新たな動き
・プツマイスター、日本向けモデルを投入
・東京2020 オリンピック聖火リレーのユニークな伴走車
・NEW MODEL 三菱ふそうスーパーグレート/いすゞギガ/三菱ふそうファイター
 日野デュトロ&トヨタダイナ/日産NV200バネット

《連載》
・Working Vehicles Museum 趣味の“はたらくくるま” データを運ぶトラック達
・はたらくくるまのスケッチブック 新時代のフェイスリフト ほか

ご注文は

こちらから。
*送料は全国均一、従量制です。
*1冊:225円、2冊:310円および代引手数料265円が書籍代の他に加算されます。
*法律に基づく表示

バックナンバー ●前号 No.76の内容はこちらから
ワーキングビークルズ 定期購読を受け付けています。
←詳細は「バックナンバー注文ページ」をご覧ください。